メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「あきらめなければ何かが起こる」 オリックスが逆転サヨナラ勝ち

 ○オリックス3―2阪神●(15日・京セラドーム)

 オリックスが逆転サヨナラ勝ちで3連勝。1点を追う九回に吉田正の適時打で同点に追いつき、最後はロメロが犠飛を放った。九回から登板した2番手・エップラーが2勝目。阪神は六回に大山の適時打で勝ち越したが、九回に抑えのドリスが乱れて3連敗。

 オリックス・西村監督 最後まであきらめなければ何かが起こるということ。選手たちも自信をもってくれれば。山岡に勝ちをつけてあげたかった。

 阪神・矢野監督 (六回に一塁走者・大山が二塁封殺され)油断と隙(すき)を出さないようにするのがプロ。チームの士気も上がらない。スライディングをしないのは論外。

この記事は有料記事です。

残り984文字(全文1274文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  2. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  3. 緊急事態宣言「非常に切迫」 西村経済再生相、東京の118人感染判明受け

  4. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  5. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです