メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キーパーソンインタビュー

ローマを博物館にしない 就任3年の女性市長、ビルジニア・ラッジ氏

 「ローマ史上初の女性市長」として知られるビルジニア・ラッジ氏(40)がこのほど来日し、東京都内で毎日新聞のインタビューに応じた。22日の就任3年を前に、市長として取り組む重点課題や、政治における女性の役割、「永遠の都」と呼ばれるローマの可能性などを語った。【聞き手・福島良典】

 ――初の女性ローマ市長に就任して間もなく3年を迎えます。

 ◆私は、2772年に及ぶローマの歴史で初めての女性市長です。とても光栄ですし、責任は重大と感じています。ローマにとって大きな変化と言えます。

この記事は有料記事です。

残り1956文字(全文2195文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 大雨、岐阜で大きな被害 長良川鵜飼いの警備船2隻流出 9日も大雨の恐れ

  3. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

  4. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  5. 浅間山 小規模噴火の可能性 気象庁事務所「大きな噴石や火砕流に警戒を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです