メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

呼び出し音鳴らず、未読…KANA—BOONメンバー悲痛 飯田の「無事祈る」(スポニチ)

[PR]

 4人組ロックバンド「KANA—BOON」のベーシスト、飯田(めしだ)祐馬(28)が音信不通になっていることが公表されて一夜明けた14日、飯田の携帯電話が呼び出し音さえ鳴らず、つながらない状況であることが分かった。関係者によると、会話アプリ「LINE」にメッセージを送っても、相手が読んだことを示す「既読」にもならないという。5日に連絡がつかなくなってから10日。トラブルに巻き込まれた可能性もあるとメンバーや関係者は心配している。

 ボーカルの谷口鮪(29)、ギターの古賀隼斗(28)、ドラムスの小泉貴裕(28)はこの日、公式サイトに連名でコメントを発表。4日にバンドの今後について話し合ったといい「なので、事故に遭ったのではないか、なにかトラブルに巻き込まれたのではないか、という可能性も頭をよぎってしまいます」と胸中を吐露。「とても心配です。ただただ無事を祈るばかりです」と続けた。

 バンドは15日のライブを中止としているが「KANA—BOONとしての活動を休止せずに続けていきたい」と、活動を継続する意向を示した。ただ、今後のスケジュールは未定。所属事務所によると、この件で会見をする予定はない。

 飯田を巡っては、2017年に宗教法人「幸福の科学」に出家した法名・千眼美子こと清水富美加(24)との不倫が発覚したこともあった。幸福の科学グループ広報局は「(飯田とは)一切連絡を取ってないと本人から聞いております」と説明。インターネット上で「意味深」とされている、清水の「悲しいお知らせも悲しいとか残念とか思いすぎない」という8日付のツイッター投稿についても「映画関係者の訃報に接しての思いをつづったもの」とした。「ご家族や関係者の方々は大変心配されていることと存じます。当教団との関わりは一切ございません。無事に解決されることを心より願っております」とのコメントも出した。

 ≪飯田出演のラジオ放送≫FM OH!(FM大阪)では、飯田を含むメンバー全員が出演した「なんMEGA!」が放送された。冒頭、司会者が、飯田が音信不通であることなどを説明。関係者によると、この日の放送は5月20日に収録されたものという。(スポニチ)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 直径1.5メートル超 巨大キノコ、埼玉・坂戸で発見 /東京

  3. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  4. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  5. 「しつけ…」小学校高学年の息子をバットで殴打の疑い 34歳逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです