メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いすみ鉄道

ファンの熱い思い乗せ 旧国鉄車両「キハ52」 懐かしの2色に再塗装 経営難、CF寄付が目標の2倍 /千葉

朱色とクリーム色のツートンカラーに再塗装されたキハ52=千葉県大多喜町のいすみ鉄道大多喜駅構内で

 第3セクターいすみ鉄道(本社・大多喜町)で運行される旧国鉄車両「キハ52」が、「国鉄一般色」と呼ばれる朱色とクリーム色のツートンカラーに再塗装され15日、大多喜駅構内で披露された。クラウドファンディング(CF)による寄付は当初の目標の2倍の1000万円超に達し、塗装費用に充てられた。経営難の同社を支援する鉄道ファンの熱い思いを乗せた真新しい塗装の車両は16日以降の土日・祝日に急行車両として走る。

 1965年製の車両はJR西日本から譲り受けて2011年から運行を始め、14年に再塗装する際に費用が…

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文674文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  2. 第74回毎日映画コンクール 大賞に「蜜蜂と遠雷」 美しい映像で音楽表現 優秀賞「新聞記者」

  3. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです