メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遊ナビ

音楽 /東京

[PR]

 ■ハチャトゥリアン・コンチェルツ

     6月28日19時、横浜みなとみらいホール大ホール(横浜市西区・みなとみらい駅)。指揮=川瀬賢太郎、チェロ=石坂団十郎、ピアノ=佐藤卓史、バイオリン=郷古廉、演奏=神奈川フィルハーモニー管弦楽団。「ソビエト3巨匠」の一人として知られる作曲家、アラム・ハチャトゥリアンの全協奏曲を若手ソリストらが演奏する。曲目は「チェロ協奏曲 ホ短調」と「ピアノ協奏曲 変ニ長調」、「バイオリン協奏曲 ニ短調」。全席指定6000円。未就学児の入場不可。045・682・2000(10~17時)

     ■ファンファーレ・チォカリーア&2ビッグバンド~たをやめオルケスタ、Gentle Forest Jazz Band~

     6月30日16時、よこすか芸術劇場(横須賀市、汐入駅)。ルーマニアの超高速ジプシーブラスバンド「ファンファーレ・チォカリーア」が6度目の来日。バルカン半島の伝統音楽と混じり合いながら独自のジプシー音楽を確立した彼らに加え、エキサイティングな二つのバンドが熱いステージを繰り広げる。S席6000円、A席4500円、ペア席(S席)1万1000円、プレミアム倶楽部サンクス料金(S席)5000円。未就学児の入場不可。046・823・9999

    プレゼント

     ■恋するカンツォーネ

     6月30日18時、音楽ビヤプラザライオン(中央区、銀座駅)。イタリアや日本で活動するカンツォーネ歌手の加藤ジュンコが、映画の劇中歌からポピュラー音楽まで、爽快感あふれる声で歌い上げる。曲目は「ゴッドファーザー愛のテーマ」や「ひまわり」ほか。全席自由5000円。飲食代は別途料金。未就学児の入場不可▼1組2人を招待 はがきに郵便番号、住所、氏名、電話番号を明記し〒173-0031板橋区大谷口北町58の4、ラ・フォンタナロッサ「恋するカンツォーネ」招待係。6月20日消印有効。提供元が抽選、発送。個人情報は招待状発送のみに利用。発送をもって当選発表に代える。飲食代は別途料金。03・3573・5355(12~21時)

     ■モルゴーア・クァルテット第48回定期演奏会

     7月3日19時、浜離宮朝日ホール(中央区、築地市場駅)。第1バイオリン=荒井英治、第2バイオリン=戸澤哲夫、ビオラ=小野富士、チェロ=藤森亮一。1992年に結成された弦楽四重奏団で、クラシック音楽やプログレッシブロックなど幅広く演奏し、斬新なプログラムが話題を呼ぶ。夜をテーマに20世紀末に書かれた、佐藤聡明の「夜へ」とヘンリク・グレツキの「弦楽四重奏曲第1番 すでに日は暮れて」、ジョン・コリリアーノの「弦楽四重奏曲」を演奏する。全席自由一般4000円、学生2000円。03・3267・9990

     ■バイオリン&ギター タンゴ・コンサート

     7月7日14時半、さいたま市民会館うらわ(さいたま市、浦和駅)。ギタリストの飯泉昌宏とバイオリニストの専光秀紀によるアルゼンチンタンゴのデュオコンサート。古典タンゴの編曲に定評のある飯泉と独学でバイオリンのタンゴ奏法を研究した専光が本場の音を奏でる。アルゼンチンの歴史や文化の解説もあり、初心者でも楽しめる。曲目は「エル・チョクロ」や「リベルタンゴ」ほか。全席自由3000円、前売り2800円。未就学児も入場可。080・6556・4139(飯泉)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

    2. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

    3. 競馬GⅠ 菊花賞 ワールドプレミアV

    4. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

    5. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです