メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ぐるっと首都圏・旅する・みつける

群馬・高崎 上毛野はにわの里公園 5世紀へタイムスリップ /東京

石葺きと約6000個の埴輪で当時の姿を再現した前方後円墳「八幡塚古墳」=いずれも群馬県高崎市で

古墳、埴輪 復元リアル

 大阪府の百舌鳥(もず)・古市古墳群が世界文化遺産に登録されることになり、古墳といえば、西日本に多いイメージがある。一方で、群馬県は「東日本最大の古墳大国」なのだ。中でも高崎市の「上毛野(かみつけの)はにわの里公園」は初心者にもおすすめである。5世紀当時の姿をリアルに再現した古墳や埴輪(はにわ)に見入りながら、古代へのタイムスリップを楽しんだ。【尾崎修二】

 関越道・前橋ICから車で北西へ十数分。麦畑を抜けた先に石葺(ぶ)きの墳丘が現れた。1500年前の築…

この記事は有料記事です。

残り1534文字(全文1774文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訪日客人気スポット「チームラボ」菅長官が視察「来年は4000万人に」

  2. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  3. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  4. 社会 甲子園のツタ、復活せず 全体覆うのにあと10年 耐震工事で一時撤去

  5. 移転する「おふくろの味」警察署長が感謝状 滋賀・高島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです