メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

G20

環境相会合 県内高校生が提言、各国代表者ら拍手 軽井沢 /長野

プラスチックごみ問題について発表する長野高校の田名部匠さん(左)と小林恵大さん(中央)=長野県軽井沢町の軽井沢プリンスホテルで

 気候変動や海洋プラスチックごみ対策、水素など新エネルギー利用について話し合う主要20カ国・地域(G20)エネルギー・環境関係閣僚会合が15日、軽井沢町で開幕した。県内の高校生たちが環境や生態系保全についての研究に基づいて提言を発表し、各国の代表者らは大きな拍手を送った。

 長野高校(長野市)の3年生、小林恵大さん(17)、田名部匠(たくみ)さん(17)は、他の同級生2人と取り組んだ研究を紹介し、海洋プラスチックごみの対策を提言した。数時間、プラスチックごみを拾うと音楽フェスタのチケ…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. 台風上陸から2カ月たっても避難指示が解除されない町 宮城・大河原町と栃木市

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. ネットバンクの不正送金被害が急増 「フィッシング」組み合わせた新しい手口目立つ

  5. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです