祇園祭

囃子方かっこよく 「鷹山」衣装、京都芸大生が制作 /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
お披露目された鷹山の囃子方の衣装=京都市東山区で、川平愛撮影
お披露目された鷹山の囃子方の衣装=京都市東山区で、川平愛撮影

 祇園祭の「休み山」の一つ「鷹山(たかやま)」の巡行復帰に向け、京都市立芸術大(西京区)の学生らが制作していた囃子(はやし)方の衣装が完成し、15日、「祇園祭ぎゃらりぃ」(東山区)でお披露目式があった。紺地と白地の半々のデザインに鷹のモチーフが描かれた浴衣を囃子方が実際に身につけて登場し、お囃子を披露した。

 同大学では2017年度から「祇園祭の鷹山の復興デザイン計画」の授業で学生らが曳(ひ)き手や先導役の衣装なども制作、完成させてきた。

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文467文字)

あわせて読みたい

ニュース特集