メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

梅雨入り

四国いつ? 前線、南の海上で停滞 気象台、19日ごろ目安 /高知

 四国地方の梅雨入りが遅れている。例年は6月5日ごろに梅雨入りし、7月18日ごろに明ける。高知地方気象台によると、今年の遅れは梅雨前線が日本列島より南で停滞しているのが原因で、このまま梅雨入りせずに夏本番を迎える可能性もあるという。【郡悠介】

 春から夏への移行期、低温多湿な「オホーツク海高気圧」と暖かく湿った「太平洋高気圧」が日本列島付近で接触した時に梅雨前線が発生する。

 気象台によると、梅雨入りは、対象地域の上空に前線が停滞するなどし「数日から1週間程度、雨や曇りの日が続く」と予想された場合に発表される。記録が残る1951年以降、63年だけは四国地方で梅雨入りの発表がなく、最も遅い発表は67年の6月21日ごろだった。

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文662文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・北区の2店舗でクラスター、18人感染 ナイトクラブは店名公表拒否

  2. 岐阜の温泉旅館が倒産 感染者宿泊でキャンセル相次ぐ 新型コロナ

  3. 兵庫・淡路市が江戸初期の寄贈住宅取り壊し検討 子孫「壊さないで」と反発

  4. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  5. 「看護師病欠多く、おかしい…」 多数感染・台東区の病院職員が感じた異変

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです