メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

のおがた音のとおりまち

生の音楽、あふれる街に 店内のピアノを客が演奏 直方9店でスタート /福岡

発起人・村上さんきょう企画説明

 直方を音楽であふれる街に--。飲食店などに置いてあるピアノを客に演奏してもらおうというプロジェクト「のおがた音のとおりまち」がスタートする。16日、皮切りとして発起人の市職員、村上和正さん(50)がデモ演奏してPRする。【武内靖広】

 村上さんは子供の頃からピアノが趣味。街を巡る中で、ピアノがあちこちの店にあることに気づいた。お願いして弾かせてもらったこともあるが、普段あまり使われていないピアノが多く「人前で弾いてみようという人に開放してもらえば通りに生の音楽が流れ、いいと思った」という。

 参加者の「やりたいビジネスプラン」を具体化しようと、同市殿町の「ボタン」で昨年始まった「エンぼるス…

この記事は有料記事です。

残り421文字(全文733文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  3. 天皇陛下、宮中三殿に拝礼 即位の礼を行うことを祖先に報告

  4. 仕込み直前、濁流が酒米襲う 台風19号で被災の酒蔵、復旧進める 栃木

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです