メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香港

逃亡犯条例、改正延期 政府、デモに譲歩 撤回はせず

記者会見を開き、厳しい表情で改正案の審議延期を表明する林鄭月娥行政長官=香港政府庁舎で15日、AP

 香港政府トップの林鄭月娥(りんていげつが)行政長官は15日、記者会見し、刑事事件の容疑者を中国本土に引き渡せるようにする「逃亡犯条例」改正案の立法会(議会)での審議を当面の間、延期する方針を示した。市民らの激しい反発に加え、政府内や経済界からも慎重な意見が出ていた。国際社会からの圧力も強まり、譲歩を余儀なくされた形だ。ただ、林鄭氏は「改めて社会と意思疎通を進め、説明を尽くしたい」と述べ、撤回はしない姿勢も強調した。【香港・福岡静哉】】

 9日に「103万人」(主催者発表)参加の抗議デモを主催した市民団体は、16日にも再び大規模デモを予…

この記事は有料記事です。

残り889文字(全文1159文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 災害時…電気、ガス、水がなくてもポリ袋で簡単調理

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです