メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香港

逃亡犯条例、改正延期 政府、デモに譲歩 撤回はせず

記者会見を開き、厳しい表情で改正案の審議延期を表明する林鄭月娥行政長官=香港政府庁舎で15日、AP

 香港政府トップの林鄭月娥(りんていげつが)行政長官は15日、記者会見し、刑事事件の容疑者を中国本土に引き渡せるようにする「逃亡犯条例」改正案の立法会(議会)での審議を当面の間、延期する方針を示した。市民らの激しい反発に加え、政府内や経済界からも慎重な意見が出ていた。国際社会からの圧力も強まり、譲歩を余儀なくされた形だ。ただ、林鄭氏は「改めて社会と意思疎通を進め、説明を尽くしたい」と述べ、撤回はしない姿勢も強調した。【香港・福岡静哉】】

 9日に「103万人」(主催者発表)参加の抗議デモを主催した市民団体は、16日にも再び大規模デモを予定している。デモ参加者らは条例改正案の撤回を求めており、抗議活動は当面続きそうだ。

この記事は有料記事です。

残り848文字(全文1159文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  3. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  4. 東京都、緩和基準決定 「1日の新規感染者数20人未満」など3要件

  5. 釧路、根室で震度4 震源は十勝沖、津波の心配なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです