メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

岩田さん、露バレエ監督退任(その1) 踊りの求道者、再出発

 「なぜか監督として仕事に燃える思いが薄くなり、自分の夢の小ささに嫌気が差していたのです。ボリショイ(・バレエ団)で働いていた最後の時期のような無気力さに似ていると感じています」

 ロシアで冬本番を間近にした昨年11月。私は、バレエの芸術監督、岩田守弘(もりひろ)さん(48)からメールを受け取った。今夏までのシーズンを最後にして、所属するブリャート共和国立歌劇場(東シベリア・ウランウデ)を去る決断が書き込まれている。

 ああ、やっぱり辞めるんだな--。驚きよりも、納得する気持ちの方が強かった。この2日前、モスクワ市内…

この記事は有料記事です。

残り469文字(全文728文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. あなたの参院選 後期高齢者に「仕送り」35万円 給与天引きで自覚薄く
  4. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  5. クイズに正解したら「ベロチュー」 40代男性教諭、担任を交代

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです