メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
時代の風

日米同盟の今日的意義 異質性克服、対中でも=小倉和夫・青山学院大学特別招聘教授

=宮間俊樹撮影

小倉和夫・青山学院大学特別招聘(しょうへい)教授

 ここ数年、日米同盟の強化が進んでいる。

 同盟というと、一般的には、第三国の脅威あるいは進出への対抗という点が語られがちだ。日米同盟についても、中国の進出への対応や、北朝鮮の「脅威」への対抗といった点が前面に出やすい。

 けれども、歴史的に見ると、同盟は第三国への対抗という要素もさることながら、同盟国同士の相互抑制や、相手国、ひいては国際社会全体の変化への触媒機能も重要な要素であることが浮かび上がる。

 例えば、日英同盟(1902年)である。日英同盟はロシアに共同で対抗するという要素だけではなく、日英…

この記事は有料記事です。

残り1428文字(全文1703文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「痴漢防止ハンコ」販売 抑止狙い、シヤチハタが開発

  2. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  3. 「異議あり」が届く国会に

  4. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです