メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

日米同盟の今日的意義 異質性克服、対中でも=小倉和夫・青山学院大学特別招聘教授

=宮間俊樹撮影

小倉和夫・青山学院大学特別招聘(しょうへい)教授

 ここ数年、日米同盟の強化が進んでいる。

 同盟というと、一般的には、第三国の脅威あるいは進出への対抗という点が語られがちだ。日米同盟についても、中国の進出への対応や、北朝鮮の「脅威」への対抗といった点が前面に出やすい。

 けれども、歴史的に見ると、同盟は第三国への対抗という要素もさることながら、同盟国同士の相互抑制や、相手国、ひいては国際社会全体の変化への触媒機能も重要な要素であることが浮かび上がる。

 例えば、日英同盟(1902年)である。日英同盟はロシアに共同で対抗するという要素だけではなく、日英…

この記事は有料記事です。

残り1428文字(全文1703文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. あなたの参院選 後期高齢者に「仕送り」35万円 給与天引きで自覚薄く
  4. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  5. クイズに正解したら「ベロチュー」 40代男性教諭、担任を交代

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです