メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プラスチック危機

G20閣僚会合 国際枠組み大筋合意 海洋流出データ集積

 主要20カ国・地域(G20)エネルギー・環境関係閣僚会合が15日、長野県軽井沢町で開幕し、国際的な対策が急務の海洋プラスチックごみについて、各国・地域のプラごみの海洋流出量など基礎データを集積するための枠組み構築で大筋合意した。世界規模での発生や海洋循環のメカニズム解明を進める。【鈴木理之】

 議長国を務める日本が提案した。海洋プラごみ対策では初の国際的な枠組みとなる見通し。最終日の16日にエネルギー分野と環境分野を合わせた共同声明が採択される。

 海洋プラごみによる汚染状況については科学的研究が進む一方、川などから海への流出量や汚染のメカニズムは未解明な点が多く残る。原田義昭環境相は15日の会合で、問題解決には海洋汚染の全体像把握が不可欠として各国・地域に対し、それぞれが排出するプラごみ総量などのデータの定期的報告を求めることを提案した。

この記事は有料記事です。

残り744文字(全文1118文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. アフリカン・ライフ リアル北斗の拳? 鉄道略奪・ケーブル盗の素顔 後編

  4. AED使用時にプライバシー保護 和歌山の高校生が上半身覆うシート作製、配布

  5. ORICON NEWS 嵐、大みそか生配信ライブの詳細発表 FC会員に紙チケット発行、見逃し配信なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです