メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プラスチック危機

G20閣僚会合 国際枠組み大筋合意 海洋流出データ集積

 主要20カ国・地域(G20)エネルギー・環境関係閣僚会合が15日、長野県軽井沢町で開幕し、国際的な対策が急務の海洋プラスチックごみについて、各国・地域のプラごみの海洋流出量など基礎データを集積するための枠組み構築で大筋合意した。世界規模での発生や海洋循環のメカニズム解明を進める。【鈴木理之】

 議長国を務める日本が提案した。海洋プラごみ対策では初の国際的な枠組みとなる見通し。最終日の16日にエネルギー分野と環境分野を合わせた共同声明が採択される。

 海洋プラごみによる汚染状況については科学的研究が進む一方、川などから海への流出量や汚染のメカニズム…

この記事は有料記事です。

残り843文字(全文1118文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 立憲候補ポスター板ごと切り取り 陣営「あげたのに…」 兵庫県警捜査
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです