メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

沼野充義・評 『井上陽水英訳詞集』=ロバート・キャンベル著

 (講談社・2916円)

翻訳で歌詞の深層解き明かす

 アメリカ出身の日本文学者として高名なロバート・キャンベルと井上陽水。この組み合わせは何やら唐突で思いがけないものにも思える。キャンベル氏はもともと江戸時代の古典の専門家で、東大教授を経て、現在、国文学研究資料館の館長という要職にあるアカデミックな学者である。その彼が井上陽水の詩を縦横無尽に論じ、五〇編の歌詞を英訳したというのだから、わくわくする。いったいこの二人はどのように出会い、どんな本を生み出すことになったのだろうか。

 通読して期待は裏切られなかった。いや、驚くほど豊かで多層的な魅力に満ちた著作に仕上がっている。タイ…

この記事は有料記事です。

残り1172文字(全文1461文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 小中学校 進む熱中症対策 登下校時、プール…新たな課題も

  3. 116歳で世界最高齢の女性へ記念品 敬老の日に福岡知事

  4. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  5. かべちょろ 「かべちょろ」の謎探る 北九州の博物館学芸員、都城出身・江頭さん 呼び方で日本初の学術的アンケート /宮崎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです