メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

大竹文雄・評 『待機児童対策 保育の充実と女性活躍の両立のために』=八田達夫・編著

 (日本評論社・2376円)

 「保育園落ちた日本死ね」という匿名ブログが大きな話題になったのは2016年2月のことだった。保育園に落ちるというのは、保育所への入所・利用資格があるにもかかわらず、空席がないので認可保育所等に入れないという意味だ。このような子どものことを待機児童と呼ぶ。都心部では、認可保育所の数が不足しているため、待機児童が発生している。

 様々な対策が行われてきたが、女性の労働市場での活躍が増えているので、待機児童はなかなか解消されない。「保育園落ちた」ために、高い費用で無認可保育所に預けるか、仕事に復帰するのを遅らせる人も多い。逆に、1歳から保育所に預けようと思っていても、1歳からだと保育所の枠が少なく、保育所に落ちる可能性が高いので、あえて0歳から保育所に預けるという人もいる。そうすると、0歳児への保育需要が増え、待機児童も多…

この記事は有料記事です。

残り1033文字(全文1410文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示要求で出した文書に

  2. ヤングケアラー~幼き介護 埼玉の高校生20人に1人が家族介護 大阪でも同傾向 半数超が中学以前から

  3. 安倍政権が残したもの 政治的下心のため経済政策を利用した“アホノミクス”の大罪 浜矩子氏が斬る「景気回復」

  4. 長さ2mのバトン、掛け声は紙で、競技はテレビ中継…コロナ下の運動会

  5. 「クラクションに腹が立った」 あおり運転の疑いで中学校教諭を書類送検 兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです