メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『ネトウヨとパヨク』=物江潤・著

 (新潮新書・821円)

 物騒な書名だが、なかみは至って正統派。ウェブやSNSがすっかり劣化させてしまった言論の場を、どうすればまともにできるか、傾向と対策をしっかり考えている。

 著者は福島出身の元東北電力社員。3・11の直前に退社し、松下政経塾で学んだ。実習先の福島では、話の通じない人びとと消耗な対話をする破目に。現在は学習塾を主宰する。

 ヘイトスピーチや中傷がウェブにはあふれている。極論ほどパワーがあり、無垢(むく)な中高生への影響が心配される。言論のルールはどうあるべきか、著者は真剣に考えていく。

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文491文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです