メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
競馬

ファン「管理しっかり」 JRA競走馬除外、関係者らも困惑

東京競馬場で禁止薬物を含む飼料添加物を摂取した可能性がある馬を競走除外にしたことを知らせる掲示=玉城達郎撮影

 日本中央競馬会(JRA)の東京、阪神、函館の各競馬場で15、16の両日で156頭が競走除外になるという前代未聞の事態に、競馬関係者やファンからは戸惑いの声が聞かれた。

 多くのG1馬を育てた松田国英調教師(68)は「自分の厩舎(きゅうしゃ)でも使用したことのあるサプリだったので驚いた。きちんと手順を踏んで安心したものを売ってもらわないと困る。競馬界全体の問題として考える必要がある」。友道康夫調教師(55)は「調教師としては防ぎようがない。それでもファンや馬主の方…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文585文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水泳オープンウオーター選手悲鳴!お台場は悪臭と猛暑Wパンチ「トイレみたいな臭い」(スポニチ)

  2. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  3. 明石商、準決勝前にグラウンドで汗 「良い状態保てている」中森はマッサージでケア

  4. 「年越しそば、おいしそうに食べろ」 壮絶な虐待の詳細明らかに 野田・女児虐待死

  5. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです