メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゴルフ

全米オープン 松山32位後退 第2R

 男子ゴルフの全米オープン選手権は14日、カリフォルニア州のペブルビーチ・リンクス(パー71)で第2ラウンドが行われ、16位から出た松山英樹は3バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの73とスコアを落とし、タイガー・ウッズ(米国)と並び通算イーブンパー、142で首位と9打差の32位に後退した。

 ゲーリー・ウッドランド(米国)が65をマークし、通算9アンダーでトップに立った。2打差の2位は2013年大会覇者のジャスティン・ローズ(英国)。

 堀川未来夢は75で通算6オーバー、今平周吾は75で8オーバー、市原弘大は74の12オーバーでそれぞ…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文604文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  3. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  4. 宮城学院女子大、女性自認の学生入学可能に 私立で初

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです