サッカー

「責任持ちサッカーに向き合う」 レアル移籍、久保建コメント

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 サッカー日本代表でFC東京からレアル・マドリード(スペイン)への移籍が発表された久保建英(18)が15日、FC東京を通じてコメントを発表した。久保建は「チームが首位をキープしている中、シーズンの途中でチームを離れることは難しい決断でした。ただ自分で決めた以上は悔いのないよう、責任を持ってしっかりサッカーと向き合いたい」と決意を連ねた。

 スペインの名門クラブ「バルセロナ」の下部組織で力を伸ばして帰国し、2015年から所属してきたFC東京について「自分を成長させてくれたFC東京に関わるみなさんには、感謝の言葉しかありません。FC東京で培ってきたものが、自分の自信となり背中を押してくれると信じています」と感謝した。

この記事は有料記事です。

残り171文字(全文480文字)

あわせて読みたい

注目の特集