メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ルポルタージュ

事件はささやく 踏切、死を招く転倒 検知装置、75センチ未満感知せず

永福町5号踏切は道路と線路が斜めに交差する。死亡事故の後、側溝は目の細かい蓋に交換された=東京都杉並区で、長谷川直亮撮影

 東京都内では2016~18年の3年間、踏切内で自殺を除き17人が電車にはねられて死亡した。警視庁によると、そのうち半数以上の9人は転倒が原因で、9人のうち7人が65歳以上だった。なぜ転倒なのか。そして、転んだ人はなぜ助からないのか。9件すべての現場を取材すると、安全対策の盲点となっている「75センチの死角」の存在がみえてきた。【安藤いく子、土江洋範】

 東京都杉並区にある京王井の頭線「永福町5号踏切」(幅5メートル、長さ24メートル)。ここで昨年2月…

この記事は有料記事です。

残り3716文字(全文3943文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです