メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競馬

薬物飼料問題 JRA、血液検査へ 156頭競走除外

禁止薬物を摂取した可能性がある馬の競走除外を知らせるパドックの電光掲示板=東京都府中市の東京競馬場で15日、玉城達郎撮影

 日本中央競馬会(JRA)は15日、東京、阪神、函館の各競馬場で15、16の両日に出走する予定だった156頭を競走除外にした。禁止薬物を含む飼料添加物を摂取した可能性があるためで、これだけ大量に除外されるのは異例の事態。JRAは飼料添加物の生産業者に対して指導などをする方針で、生産業者は商品の販売を停止するとともに回収を始めた。対象馬を含む馬券は払い戻される。

 JRAによると、14日夕、競走馬理化学研究所の検査で該当馬が摂取した飼料添加物から興奮作用のある禁…

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文759文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

  5. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです