メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

六月博多座大歌舞伎

菊之助が「土蜘」初主役

 <日曜カルチャー>

 尾上菊五郎(人間国宝)が座頭を務める「六月博多座大歌舞伎」が開催中。尾上菊之助、尾上松緑、中村梅枝ら、次代の歌舞伎界の中核を担う中堅・若手が躍動し、舞台を引き締めている。

 昼の部は時代物の名作「祇園祭礼信仰記 金閣寺」から。天下取りをもくろむ松永大膳(松緑)が京都の金閣寺に立てこもり、天才絵師・雪舟の孫娘、雪姫(梅枝)を捕らえ、条件を出して愛人になれと迫る。雪姫は「本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう)」の八重垣姫、「鎌倉三代記」の時姫と並ぶ歌舞伎「三姫」の大役。梅枝は芯が強く、官能性漂う女性像を丹念に造形している。大膳の悪党ぶりが堂に入り、物語の主軸の一人、此下(このした)東吉実は真柴筑前守久吉(中村芝翫)は風格を感じさせる。

 続く舞踊「保名(やすな)」は恋人を失い、物狂いとなった安倍保名の内面を照らし出す。中村扇雀は初役な…

この記事は有料記事です。

残り963文字(全文1342文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  2. 確保の男「パクリやがって」恨み言 京アニ火災
  3. 1人死亡12人心肺停止 「死ね」と叫び液体まく 京アニ火災
  4. 「涼宮ハルヒの憂鬱」「らき☆すた」など製作 京都アニメーション
  5. 「ハルヒ」原作者・谷川流さん 「被害者の回復祈るだけ」 京アニ火災で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです