メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ルポルタージュ

事件はささやく 踏切、死を招く転倒 検知装置、75センチ未満感知せず

 東京都内では2016~18年の3年間、踏切内で自殺を除き17人が電車にはねられて死亡した。警視庁によると、そのうち半数以上の9人は転倒が原因で、9人のうち7人が65歳以上だった。なぜ転倒なのか。そして、転んだ人はなぜ助からないのか。9件すべての現場を取材すると、安全対策の盲点となっている「75センチの死角」の存在がみえてきた。【安藤いく子、土江洋範】

 東京都杉並区にある京王井の頭線「永福町5号踏切」(幅5メートル、長さ24メートル)。ここで昨年2月1日夕、70代女性が転倒後に亡くなった。

この記事は有料記事です。

残り3718文字(全文3965文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

  2. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  3. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  4. コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

  5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです