メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ルポルタージュ

事件はささやく 踏切、死を招く転倒 検知装置、75センチ未満感知せず

 東京都内では2016~18年の3年間、踏切内で自殺を除き17人が電車にはねられて死亡した。警視庁によると、そのうち半数以上の9人は転倒が原因で、9人のうち7人が65歳以上だった。なぜ転倒なのか。そして、転んだ人はなぜ助からないのか。9件すべての現場を取材すると、安全対策の盲点となっている「75センチの死角」の存在がみえてきた。【安藤いく子、土江洋範】

 東京都杉並区にある京王井の頭線「永福町5号踏切」(幅5メートル、長さ24メートル)。ここで昨年2月…

この記事は有料記事です。

残り3738文字(全文3965文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表
  3. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  4. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです