メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾貴史のちょっと違和感

麻生氏、金融庁報告書受け取り拒否 選挙目当てでしかない

=松尾貴史さん作

 そもそも、「100年安心」とはうさん臭いスローガンだとは思っていたが、馬脚を現してしまったようだ。麻生太郎副総理兼金融担当大臣が、夫婦の老後資金として公的年金以外に「30年間で2000万円が必要」という試算を盛り込んだ、金融庁の審議会に設置されたワーキンググループの報告書について、「政府のスタンスと異なる。正式な報告書として受け取れない」などと言い出した。この調査結果が「世間に著しい不安や誤解を与える」とも言っている。

 専門家が集まって結論としてまとめたものを、政府のスタンスと違うからと拒否するのは不可解、というより…

この記事は有料記事です。

残り1292文字(全文1554文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

  2. ORICON NEWS “二代目磯山さやか”元AKB48・大和田南那、初写真集は「100点!」

  3. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

  4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  5. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです