メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

アマンダと僕 悲しみ、不安、思いやり 心のひだを顔で伝える

 映画祭では評価が高いのに観客の手にとどかない作品があります。別に頭でっかちの難しい映画というわけではなく、観客の心に素直に響く作品が多いんですが、大きな劇場にかかることは少ないし、そもそも劇場公開されないものが大半。「さよなら、退屈なレオニー」なんて最近のカナダ映画では一番の出来。東京などを皮切りに公開が始まったので、ぜひご覧ください。

 もっとお勧めしたいのが、「アマンダと僕」です。昨年開催された東京国際映画祭でグランプリと脚本賞を受…

この記事は有料記事です。

残り1397文字(全文1617文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  3. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  4. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  5. 京アニ火災 新海監督「あまりにも酷すぎる事件です」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです