メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大津・園児事故で重傷女児の母親が手記 運転手に「強い自覚と責任を」

A4用紙8枚に書かれた母親からの手紙=大津市打出浜の毎日新聞大津支局で2019年6月14日午後11時44分、諸隈美紗稀撮影

 大津市大萱6の県道交差点で5月、車同士が衝突し、散歩中の保育園児ら16人が死傷した事故で、左足の骨を折るなどの重傷を負った女児(3)の母親(36)=同市=が弁護士を通じて毎日新聞の取材に文書で回答を寄せた。母親は「同じような不幸な事故が二度と起きないよう、十分な対策をしてほしい。罪のない命が失われるような事故が起こってしまってからでは、何もかも遅すぎる」と訴えた。【諸隈美紗稀】

 文書によると、事故当日、母親はパートの仕事中だった。携帯電話で保育園から「事故に巻き込まれた」と知らされたが、すぐに理解できなかった。現場に向かう途中、友人から「ニュースに出ている」と連絡が入り、事の重大さに気づいた。心臓の鼓動が速くなり、一気に恐怖が襲ってきた。現場近くに着くと消防車やパトカーが何台も見え…

この記事は有料記事です。

残り946文字(全文1292文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  3. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  4. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  5. 中村哲さん、無言の帰国 妻、長女らがひつぎに花束 葬儀は11日、福岡市で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです