メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

菅官房長官 「令和」発表時「緊張してない 気合を込めていた」

元号発表時の思いを笑顔で語る菅氏=秋田県湯沢市で2019年6月16日午後1時半ごろ、高橋克哉撮影

 菅義偉官房長官は16日、故郷の秋田県湯沢市で講演し、4月1日の新元号「令和」発表時について「よく『緊張していたのでは』と言われるが、そうではない。国民にどう印象づけるか、受け入れてもらえるかと気合を込めていた」と説明した。

 新元号発表の記者会見で「令和」の墨書を掲げた際の菅氏の表情は硬く、大役を果たす重圧から緊張していたのではないかとの指摘が出ていた。菅氏はこの日の講…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文465文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  2. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. WEB CARTOP 安全性も走行性能もクルマは大幅に進化したのに50年前のまま! 日本の制限速度はなぜ見直されないのか

  5. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです