メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

菅官房長官 「令和」発表時「緊張してない 気合を込めていた」

元号発表時の思いを笑顔で語る菅氏=秋田県湯沢市で2019年6月16日午後1時半ごろ、高橋克哉撮影

 菅義偉官房長官は16日、故郷の秋田県湯沢市で講演し、4月1日の新元号「令和」発表時について「よく『緊張していたのでは』と言われるが、そうではない。国民にどう印象づけるか、受け入れてもらえるかと気合を込めていた」と説明した。

 新元号発表の記者会見で「令和」の墨書を掲げた際の菅氏の表情は硬く、大役を果たす重圧から緊張していたのではないかとの指摘が出ていた。菅氏はこの日の講…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文465文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

  5. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです