メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本土復帰50年の22年に新市場で再び 那覇「牧志公設市場」が閉場

 那覇市の人気観光スポットで、市民の台所として親しまれた「第一牧志(まきし)公設市場」が16日、老朽化した現建物での営業を終了した。7月1日から近くの仮設市場に移転する。現在地に建て替える新市場は、沖縄が本土復帰から50年を迎える2022年開業の予定。

 最終日は、市場内で音楽ライブが開かれるなど、別れを惜しむ人たちでにぎわった。近くの知念ヨシ子さん…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文438文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. 川口のマンションで冷凍庫から乳児の遺体発見 住人の女性らから事情聴く 埼玉県警

  3. デジタル庁、民間と連携 首相直轄、強い権限 政府概要公表

  4. 「底抜けダム」また水漏れ 改修工事後も想定の10倍、2万トン 熊本・産山村

  5. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです