メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

芥川賞候補に5人 直木賞は6人全員が女性 日本文学振興会が発表

芥川賞候補の(左から)今村夏子さん、高山羽根子さん、古市憲寿さん、古川真人さん、李琴峰さん

 日本文学振興会は第161回芥川・直木賞の候補作を発表した。両賞あわせ11人がノミネート。候補入り複数回の実力者が多く、初候補は各賞1人ずつの顔ぶれとなった。選考会は7月17日、東京都内で開かれる。

 芥川賞は、社会学者の古市憲寿さんが前回話題を集めた「平成くん、さようなら」に続き、2回連続で候補に挙がった。3回目の今村夏子さんは三島由紀夫賞、野間文芸新人賞受賞の…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文455文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 「首相、今井、佐伯で決めていたやり方がらっと変わる」 キャリア官僚の本音 菅政権で沈む省庁

  4. SNSで横行する住所「特定屋」 その手法とは… ストーカー事件など犯罪に悪用も

  5. 「俺はつくる。ぶち壊すのは河野氏」 菅首相の「破壊者」登用、麻生氏と利害一致

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです