メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャパンのミカタ

五郎丸が明かす「スポーツ史上最大の番狂わせ」秘話

ラグビーW杯開幕まで100日となり、優勝トロフィー「ウェブ・エリス・カップ」とともにポーズをとる(右から)元日本代表の五郎丸歩選手、元南ア代表のブライアン・ハバナさん、元ウェールズ代表のシェーン・ウィリアムスさん、元日本代表の畠山健介選手=東京都千代田区で2019年6月12日午後0時31分、小川昌宏撮影

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の開幕(9月20日)まで、100日を切った。前回の2015年イングランド大会で、日本は優勝候補の一角である南アフリカに劇的な逆転勝利を収め、「スポーツ史上最大の番狂わせ」と評された。当時の中心選手であるFB五郎丸歩選手(33)=ヤマハ発動機=が強調するのは、「準備」の大切さだ。

 東京都内で12日に開かれたW杯開幕まで100日の記念イベントに、五郎丸選手はゲストとして出席し、前…

この記事は有料記事です。

残り541文字(全文751文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真
  4. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  5. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです