メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

【配信中】解説動画・ユキコの部屋「3万年前の航海」
WEB CARTOP

復活したスープラはなぜ「トヨタ・スープラ」ではなく「GRスープラ」なのか?

情報提供:カートップ

復活したスープラはなぜ「トヨタ・スープラ」ではなく「GRスープラ」なのか?

国交省への届け出はトヨタ・スープラ

 いよいよ新型スープラのデリバリーが始まった。これまでメディアや限定された展示でしか見ることのできなかったスープラを、公道で見る機会も出てくるだろう。もちろん、販売台数は限られているので「トヨタ車」としては見かける機会の少ないレア車かもしれないが。

GRスープラ

 さて、スープラといえば国土交通省への届出においてはメーカー名が「トヨタ」、通称名が「スープラ」であるはずだが、プロモーションでは「GRスープラ」という表記でアピールしている。

GRスープラ

 過去の似たような例を探してみよう。たとえば、マツダの初代ロードスターは「ユーノス・ロードスター」であったが、この場合には国土交通省への届出としてメーカー名が「ユーノス」で通称名が「ロードスター」となっていた。一方、日産インフィニティQ45の場合は「ニッサン」がメーカー名で、通称名は「インフィニティQ45」という扱いだった。

GRスープラ

 しかし、新型スープラの場合はあくまで通称名は「スープラ」であって「GR」の文字はない。GRというのはあくまで愛称という位置づけだ。もっとも、こうした例は見かけないわけではなく、スズキの「スイフトスポーツ」も通称名は「スイフト」であり、「スポーツ」の部分は標準車と差別化するための商品名でつけられる部分だったりする。また、三菱のランサーエボリューションにおいても通称名は「ランサーエボリューション」だけで、その後ろについていたギリシャ数字は正式な通称名には含まれない。

GRスープラ

 新型スープラの名前については、国土交通省への届出的な意味での車名(これはメーカー名やブランド名のこと)は「トヨタ」、通称名は「スープラ」となり、商品名が「GRスープラ」という風に整理できる。

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  2. ファミマ店員がコンビニ納税を着服 手続き後に取り消す 8件で12万円 石川

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです