陸上イージス

防衛相、秋田知事に謝罪 再調査方針示す

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」配備計画に関する報告書に誤りがあった問題で、秋田県の佐竹敬久知事(右)に頭を下げる岩屋毅防衛相=秋田県庁で2019年6月17日午前10時29分、和田大典撮影
陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」配備計画に関する報告書に誤りがあった問題で、秋田県の佐竹敬久知事(右)に頭を下げる岩屋毅防衛相=秋田県庁で2019年6月17日午前10時29分、和田大典撮影

 陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)への配備計画を巡る防衛省の調査報告書に複数の誤りが見つかるなどした問題で、岩屋毅防衛相は17日、秋田県庁を訪問した。岩屋氏は佐竹敬久知事に謝罪し、データに誤りがあった他の検討地を再調査する方針を示した。今月5日に報告書の誤りが発覚して以降、防衛相が同県を訪れたのは初めて。【森口沙織】

 会談は報道陣に公開された。岩屋氏は「誠に申し訳なく思っている。改めて深くおわびする」と謝罪。誤りのあった他の検討地で実際に測量するなど再調査し、専門家の意見を聞くなどの検討内容を伝えた。その上で「イージス・アショアは必要不可欠だ」と述べ、秋田への配備に理解を改めて求めた。

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文692文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集