メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イスラエル

「ゴラン」に「トランプ高原」 ネタニヤフ首相が謝意

「トランプ高原」と名付けることを決めた新たな入植地の看板の前であいさつするイスラエルのネタニヤフ首相=ゴラン高原で16日、ロイター

 イスラエルのネタニヤフ首相は16日、シリアから奪った占領地ゴラン高原に建設する新たな入植地を「トランプ高原」と名付けると発表した。トランプ米大統領が3月、ゴラン高原のイスラエル主権を承認したことに謝意を示す目的としている。イスラエルメディアが伝えた。

 ゴラン高原はイスラエル北部のガリラヤ湖からシリア南部に広がる標高300~1200メートルの丘陵地帯で戦略上の要衝。既に30カ所以上のユダヤ人入植地があり、2万人超が居住している。

 イスラエル政府は16日、ゴラン高原で閣議を開き命名を決定。ネタニヤフ氏は式典で「歴史的な日だ」とあ…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文577文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  3. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

  4. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです