連載

特集ワイド

「人だかりがする」ニュースを目指して、読み応え十分の記事をラインアップ。

連載一覧

特集ワイド

貿易交渉、日本は「失うだけ」? 日米「密約」疑惑、参院選前に明かせないのは

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ゴルフ場でドナルド・トランプ米大統領(左)とラウンドする安倍晋三首相の自身のツイッターに投稿された=千葉県茂原市で5月26日(共同)
ゴルフ場でドナルド・トランプ米大統領(左)とラウンドする安倍晋三首相の自身のツイッターに投稿された=千葉県茂原市で5月26日(共同)

 「外交が得意」と自画自賛するあまり、安倍晋三首相はつまずいたのではないか。5月下旬に来日したトランプ米大統領との会談である。ゴルフ、大相撲観戦、炉端焼きの会食と「おもてなし」攻勢を掛けたが、日米貿易交渉を巡り「密約」が交わされたとの疑惑が拭えない。トップ同士の「ディール(取引)」の中身を探った。【石塚孝志】

 日米の「密約」説の発端は、トランプ大統領のツイートだ。これまでもツイートでしばしば世界を揺るがしてきた。今回の来日時も例外ではない。安倍首相とゴルフを終えた5月26日、「日本との貿易交渉で大きな進展が得られつつある。農業と牛肉が焦点だ。7月の選挙後まで待つことになるだろう。その後、大きな数字を期待している」と発信した。

この記事は有料記事です。

残り2634文字(全文2950文字)

あわせて読みたい

注目の特集