メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アートの扉

岡本秋暉 百花百鳥図 精密な技巧に見とれ

 なんともユニークな美術館が期間限定で「開館」した。その名は「CHITABASHI(ちたばし)美術館」。日本近世絵画の充実したコレクションで知られる千葉市美術館と板橋区立美術館(東京都)がコラボレート、前者を会場に江戸琳派から幕末・明治の技巧派画家、そして江戸の洋風画まで通好みの作品が並ぶ。単なるお宝展ではない。琳派の継承のかたちや、西洋画の独特な受容もたどれる貴重な機会だ。

 はじめの「江戸琳派とその周辺」では、酒井抱一(ほういつ)の筆によるコミカルな「かぼちゃ元成」の肖像画に笑い、線の強弱を巧みに駆使した鈴木其一(きいつ)の「芒野(すすきの)図屏風」に息をのむ。両館の個性作を展示した、続く「ちたばし個性派選手権」では、狩野典信(みちのぶ)のキモカワイイ「大黒天図」に1票を入れたい。

この記事は有料記事です。

残り558文字(全文904文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

  2. 「アカデミー賞はどうなってるんだ」トランプ氏、韓国作品の受賞に不満

  3. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  4. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  5. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです