メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美とあそぶ

吉村萬壱さん/3 「あおりの文化」が嫌い

「月」(油彩、2018年)

 よく夜に家の近所を一人で散歩するんですが、その時に見た水に映る月を写真に撮り、油絵にしました。こういう色のない寂しい風景にひかれます。昔から廃虚や人間がいなくなった世界を想像するのが好きでしたね。

 いわゆる「あおり系」「あおりの文化」が嫌いで、テレビのバラエティー番組で観客の笑い声を入れたり、司会者がはしゃいだり、若者が通りでふざけている感じがあまり好きじゃない。地元のだんじり祭りも…

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文486文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  3. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  4. 大村知事「東京、大阪は医療崩壊」 吉村知事「根拠が不明」 会見、ツイートで応酬

  5. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです