メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

江國香織さん(作家) 少女2人と米国の旅へ 長編『彼女たちの場合は』刊行

=丸山博撮影

 作家の江國香織さんの2年ぶりとなる長編小説『彼女たちの場合は』(集英社)が刊行された。10代の少女が二人きりで「米国を見る」旅に出るロードノベルだ。自らもどこかへ旅したくなる読後感に「読者を遠くに連れ出したかった」と江國さん。新刊への思いを聞いた。【須藤唯哉】

 14歳の礼那(れいな)と17歳の逸佳(いつか)は、いとこ同士。礼那は父親の仕事の都合でニューヨークの郊外に両親と弟と暮らしていた。逸佳は半年間の不登校を経て、日本の高校を自主退学。その後、高卒認定試験に合格して米国留学し、ニューヨークの礼那の自宅に身を寄せていた。

 ある秋の日、逸佳の発案で二人は旅に出る。礼那は<これは家出ではないので心配しないでね>との手紙を残…

この記事は有料記事です。

残り987文字(全文1301文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです