メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

【16時~】解説動画・ユキコの部屋「3万年前の航海」
Topics

ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団 新しく引き継がれた東の伝統 来日、音楽形成史振り返る

会見するネルソンス(右)とスクリデ=都内のホテルで

 社会的、政治的な変動が文化に定着するには何十年かの時を必要とするのだろう。5月末から6月頭までドイツから来日したアンドリス・ネルソンス指揮のライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団と、共演のバイオリニスト、バイバ・スクリデに、東西の壁の崩壊を新しく引き継ぐ形が見えた。

 1743年創立の同楽団は、市民階級によって作られた世界で最古のオーケストラ。また、ライプツィヒと言えば、東ドイツの共産主義体制が破綻して西側社会に融合するきっかけとなった市民運動「月曜デモ」発祥の地で、それは1989年のベルリンの壁の崩壊、その後の旧ソ連の共産主義体制の終末をも招いた。市民運動の一角を担ったのがゲヴァントハウス管弦楽団であった。

 今回のプログラムは、ショスタコーヴィチ《バイオリン協奏曲》、ブラームス《交響曲第1番》、チャイコフ…

この記事は有料記事です。

残り811文字(全文1169文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  2. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  3. 処理水放出「誰か言わねば。捨て石でいい」 原田氏、持論再び

  4. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです