メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トーク

湖月わたる 30周年記念「わたるのいじらしい婚活」「Song&Dance」 新感覚エンタメに挑戦

舞台生活30周年を迎えた湖月わたる=大阪市北区で、望月亮一撮影

 舞台生活30周年を記念して今年、全く異なる二つの公演が連続で上演される。第1弾は、湖月自身の婚活を描いた新感覚の「ドキュメンタリー・ミュージカル わたるのいじらしい婚活」(7月19~21日、宝塚バウホール)。第2弾の「Song&Dance」(10月22日、グランフロント大阪 北館4階ナレッジシアター)では、宝塚の男役時代から退団後の作品までを歌とダンスで振り返る。

 「婚活とは思いもしないテーマだったけど、記念の年に私を題材にゼロから作品を作ってもらえるなんて幸せ」と笑顔で語る。最初に台本はなく、湖月が実際に婚活をする様子を撮影しながら、動き出した物語を映像を交えつつ、歌や踊りでミュージカルに仕上げていくという。

この記事は有料記事です。

残り760文字(全文1070文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

  4. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  5. 「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 首相のコロナ語録

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです