メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
チェック

メークでアップ、男子追求 肌ケア当然、見栄えを重視

「FIVEISM × THREE」の期間限定店では無料の化粧体験も行われた=名古屋市中村区のジェイアール名古屋高島屋で、三上剛輝撮影

 ファンデーションや色つきリップクリーム、アイブローなどメーキャップ商品を購入する男性が増えている。年代は20~60代と幅広い。洗顔料や化粧水で肌をケアする「美容男子」は今や当たり前。美容意識の高まりや、性別の概念にとらわれない「ジェンダーレス」の広がりを背景に、男女間の化粧の壁がなくなりつつある。「メーク男子」の時代到来?【三上剛輝】

 スティック状のファンデーション、シミを隠す「コンシーラー」にネイルカラー……。こうした男性向け商品…

この記事は有料記事です。

残り634文字(全文853文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  3. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

  4. 対韓輸出規制 半導体「3カ月限界」 日本の規制強化で 朝鮮日報報道

  5. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです