メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ようこそ東北!ホストタウン

ラグビーW杯・東京五輪パラリンピック 福島・猪苗代 ガーナ 野口英世が縁、長き交流

元ALT、相互理解の仲介役に

 世界的な細菌学者、野口英世(1876~1928年)の出身地である福島県猪苗代町とガーナオリンピック委員会は昨年12月、東京五輪・パラリンピックの事前合宿を同町で行う協定書を交わした。11日後にはアクフォアド大統領が来町。野口の生家や記念館を視察し、「野口博士の業績の上に猪苗代町との友好関係がある。文化を超えた対話や交流が進んでいくことを願う」と選手団受け入れに謝意を示した。

 ガーナは野口が黄熱病研究のために渡り、自らも感染して命を落とした地で、町とのつながりは深い。

この記事は有料記事です。

残り1325文字(全文1575文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  2. 南海トラフ地震 津波3メートル以上、10都県 30年以内、発生確率26%以上

  3. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  4. 成田空港トイレに実弾5発入り拳銃置き忘れ 26歳巡査長「失念していた」

  5. 新宿御苑「首相の到着時間」と「後援会関係者の入場時間」連動か 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです