メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昭和の漫画家作品展

なつかしの「鉄人28号」「銀河鉄道999」「ゲゲゲの鬼太郎」 水戸・京成百貨店で19日まで /茨城

昭和の人気漫画家の肉筆画や版画を見つめる来場者=水戸市泉町1の京成百貨店で

 昭和の人気漫画「銀河鉄道999」や「鉄人28号」などの肉筆画・版画を展示する「なつかしのヒーロー大集合 昭和の漫画家作品展」が、19日まで京成百貨店(水戸市泉町1)6階で開かれている。少年時代に漫画やアニメで目にした男性を中心に、人気を集めている。【韮澤琴音】

 展示は、アニメーションで使う「セル画」を含む約50点。漫画家約30人の作品で、ヒーローが登場するものを中心に選んだ。この作品展は、京成百貨店が10年ほど前から1年おきに開催し、最近は、外国人からの注目も集めているという。

 今回の展示で希少価値が高いのは、昭和30年代の人気作品「月光仮面」の実際の原稿だ。桑田次郎(現・二…

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文650文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです