メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

児童虐待

被害児支援へ勉強会、多機関連携探る 横浜のNPO /神奈川

児童虐待に連携して取り組もうと集まった各機関の参加者ら=横浜市南区で

 虐待などを受けた子どもの支援を一元化して担うNPO法人「神奈川子ども支援センター・つなっぐ」(横浜市)が16日、県立こども医療センター(同市南区)で「子どもの虐待対応に対する多機関連携勉強会」を開催した。医師や司法関係者、県警の捜査員、行政、福祉団体などさまざまな機関に属する約30人が参加し、互いの役割や課題について共有した。

 「つなっぐ」は県内の弁護士や医師ら専門家が、各機関の連携サポートを目的に設立。会の冒頭で、代表理事の飛田桂弁護士が「つなっぐ」の活動でも重要となっている被害児の負担を軽減させる聞き取り手法「司法面接」について発表した。

この記事は有料記事です。

残り220文字(全文495文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 南西諸島でゴキブリ新種見つかる 国内で35年ぶり 多様性解明に一歩近づく

  3. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです