メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

児童虐待

被害児支援へ勉強会、多機関連携探る 横浜のNPO /神奈川

児童虐待に連携して取り組もうと集まった各機関の参加者ら=横浜市南区で

 虐待などを受けた子どもの支援を一元化して担うNPO法人「神奈川子ども支援センター・つなっぐ」(横浜市)が16日、県立こども医療センター(同市南区)で「子どもの虐待対応に対する多機関連携勉強会」を開催した。医師や司法関係者、県警の捜査員、行政、福祉団体などさまざまな機関に属する約30人が参加し、互いの役割や課題について共有した。

 「つなっぐ」は県内の弁護士や医師ら専門家が、各機関の連携サポートを目的に設立。会の冒頭で、代表理事の飛田桂弁護士が「つなっぐ」の活動でも重要となっている被害児の負担を軽減させる聞き取り手法「司法面接」について発表した。

この記事は有料記事です。

残り220文字(全文495文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 網戸のひもで6歳死亡、YKK APを提訴 「欠陥」首に絡まり 大阪地裁

  5. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです