メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと@あいち

広域技能指導官・佐津川浩之警部(58) /愛知

愛知県警生活経済課の佐津川浩之警部

 悪質商法事件などを取り締まる県警生活経済課に20年以上在籍してきた。昨年4月には、卓越した専門技能や知識を全国の警察官に教える、警察庁指定の「広域技能指導官」にも選ばれた生活経済事件のプロフェッショナルだ。

 「大切な財産をだまし取られた被害者の無念を晴らすことができるのは警察官しかいない。だからこそ、捜査には常に全力で当たってきました」。これまでに事故米を食用として販売した食品衛生法違反事件や、自称心霊手術師の女が患者から治療費をだまし取った詐欺事件など、さまざまな事件を解決に導いてきた。

 しかし、初めから生活経済事件に興味があったわけではない。警察学校を卒業後は覚醒剤事件などの取り締まりに当たる捜査員として活躍。1989年に生活経済課への転勤が決まった当初は「取っつきづらいイメージで正直嫌だった。いずれは薬物捜査に戻りたいと考えていた」と明かす。 転機となったのは、生活経済課に異動して間もない頃に担当した詐欺事件。被害者は、内職ではがきの宛名を書くだけで収入が得られるとだまされ、…

この記事は有料記事です。

残り467文字(全文915文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  2. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  3. 東京23区封鎖と全員PCR検査を

  4. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  5. 稲田氏ピンチ リベラル色の女性政策に保守派から「ついていけない」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです