連載

湖国で暮らす

毎日新聞デジタルの「湖国で暮らす」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

湖国で暮らす

移住した人々/2 安田藤嗣さん夫妻=高島市 「超小食」でダイエット /滋賀

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「ぜひ古民家でファスティング体験を」と話す安田藤嗣さん(右)、はんなさん夫妻=滋賀県高島市安曇川町で、久保聡撮影
「ぜひ古民家でファスティング体験を」と話す安田藤嗣さん(右)、はんなさん夫妻=滋賀県高島市安曇川町で、久保聡撮影

 2017年4月に愛知県豊田市から高島市安曇川町に移り住んだ安田藤嗣(とうじ)さん(69)。妻はんなさん(58)と一緒に、古民家を改装した「超小食ファスティング」が体験できる宿を琵琶湖のほとりで経営している。【聞き手・久保聡】

 --なぜ高島市に移住を?

 ◆琵琶湖に魅了され、癒やしを求めて琵琶湖のそばに住みたいと考えていました。高島市以外でも住居を探しましたが、市のまちおこしの姿勢に共感したことと、大好きな中江藤樹(とうじゅ)(日本陽明学の祖といわれる江戸時代初期の儒学者)のゆかりの地ということもあり、高島市の安曇川にある古民家を紹介してもらって、住むことを決めました。湖畔まで歩いて3分で、毎日散歩をしています。琵琶湖は見れば見るほど癒やされます。

 また、私はクリスチャンなのですが、琵琶湖は聖書にも登場するガリラヤ湖(イスラエル)に似ていると感じています。琵琶湖畔を中心に宣教活動をした米国人、ウィリアム・メレル・ヴォーリズが伝道で使った船は「ガリラヤ丸」と名付けられました。おそらく、ヴォーリズも琵琶湖に魅了されたと思っています。不思議な縁を感じます。

この記事は有料記事です。

残り1437文字(全文1918文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集