メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特別企画

世界に誇る日本の美 「寄託の名宝」ずらり 京都国立博物館で8月14日から /京都

 京都国立博物館(京都市東山区)は8月14日から9月16日まで、特別企画「京博寄託の名宝-美を守り、美を伝える」を開く。1897年の開館以来、寺社などから管理を任されている6200件を超える寄託品のうち、約150件を陳列する。そのうち、国宝と重要文化財が約100件を占める。

 世界各国の博物館や美術館など、ミュージアム関係者が一堂に会し、9月1~7日に京都市である「国際博物館会議(ICOM)」にあわせて開催。ICOM京都大会の組織委員長を務める佐々木丞平館長は「特に優品をよりすぐり、世界の方に見て…

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文626文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  5. 五輪9億円、書類不明 招致委、海外コンサル費

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです