メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場から

教材に「eスポーツ」 外部と交流、自分変える 通信制高や専門学校、新校舎借り定員大幅増に /大阪

近畿大の学生講師にeスポーツの実技指導を受けるルネサンス大阪高等学校の生徒たち=大阪市北区で、松本光樹撮影

 昨今盛り上がりをみせるeスポーツ。エレクトロニック(電子)スポーツの略で、コンピューターゲームで対戦する競技のことだ。通信制高校や専門学校が講座を設ける動きも出てきている。大阪市北区の通信制高校「ルネサンス大阪高等学校」も昨年4月、「eスポーツコース」を新設。全国から問い合わせが相次ぎ、今年4月には新校舎を借りて定員を大幅に増やした。担当者は「プロ選手を養成するのが主目的ではない。ゲームはあくまで高校教育における教材だ」と語る。どのような授業が行われているのか。【松本光樹】

 「このキャラ(クター)だったらここはもっとせめて大丈夫」「そこは戦略が大事になってくる場面だ」

この記事は有料記事です。

残り790文字(全文1078文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです