連載

現場から

毎日新聞デジタルの「現場から」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

現場から

教材に「eスポーツ」 外部と交流、自分変える 通信制高や専門学校、新校舎借り定員大幅増に /大阪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
近畿大の学生講師にeスポーツの実技指導を受けるルネサンス大阪高等学校の生徒たち=大阪市北区で、松本光樹撮影
近畿大の学生講師にeスポーツの実技指導を受けるルネサンス大阪高等学校の生徒たち=大阪市北区で、松本光樹撮影

 昨今盛り上がりをみせるeスポーツ。エレクトロニック(電子)スポーツの略で、コンピューターゲームで対戦する競技のことだ。通信制高校や専門学校が講座を設ける動きも出てきている。大阪市北区の通信制高校「ルネサンス大阪高等学校」も昨年4月、「eスポーツコース」を新設。全国から問い合わせが相次ぎ、今年4月には新校舎を借りて定員を大幅に増やした。担当者は「プロ選手を養成するのが主目的ではない。ゲームはあくまで高校教育における教材だ」と語る。どのような授業が行われているのか。【松本光樹】

 「このキャラ(クター)だったらここはもっとせめて大丈夫」「そこは戦略が大事になってくる場面だ」

この記事は有料記事です。

残り790文字(全文1078文字)

あわせて読みたい

注目の特集