メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

小田川付け替え本格化 高梁川との合流点 倉敷で着工式 /岡山

着工式でくわ入れを行った岡山県倉敷市の伊東香織市長(左端)ら=同市船穂町柳井原で、戸田紗友莉撮影

 西日本豪雨で堤防が決壊した小田川と、本流の高梁川との合流地点を付け替える工事の着工式が16日、倉敷市船穂町柳井原で行われた。国土交通省や県、倉敷市の関係者など約180人が参加した。

 合流地点を現在よりも約4・6キロ下流に付け替える工事で、2023年度末に完成する予定。当初の計画では10年かかる見通しだったが、西日本豪雨発生を受けて半分に短縮された。事業費は…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文452文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  2. 訃報 高木守道さん 78歳=元プロ野球中日二塁手

  3. 「桜」名簿管理巡り内閣府幹部6人を厳重注意処分 公文書管理法違反

  4. 地球史の境界「最後の地磁気逆転」明瞭な痕跡、世界が認定 「チバニアン」決定

  5. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです