メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

小田川付け替え本格化 高梁川との合流点 倉敷で着工式 /岡山

着工式でくわ入れを行った岡山県倉敷市の伊東香織市長(左端)ら=同市船穂町柳井原で、戸田紗友莉撮影

 西日本豪雨で堤防が決壊した小田川と、本流の高梁川との合流地点を付け替える工事の着工式が16日、倉敷市船穂町柳井原で行われた。国土交通省や県、倉敷市の関係者など約180人が参加した。

 合流地点を現在よりも約4・6キロ下流に付け替える工事で、2023年度末に完成する予定。当初の計画では10年かかる見通しだったが、西日本豪雨発生を受けて半分に短縮された。事業費は…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文452文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヤマハ「SR400」、国内向け生産終了へ 排ガス規制対応できず

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  4. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  5. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです